サーキュレーターの使い方や効果は?正しい置き方はこれ!

近年、家電製品の中でも売れ筋商品の『サーキュレーター』。扇風機のような見た目ですが、扇風機とは違うものですよね?

これは一体、何をするための家電なのでしょうか?気になったので色々と調べてみました!

サーキュレーターって何?

ずばり!サーキュレーターとは、「空気を循環させて流れを作る」家電のこと。英語の「circulate(循環させる)」という言葉から生まれた名前です。

そんなサーキュレーターの役割は、風を送りながら空気を循環させて、部屋の中の温度のムラをなくし快適に過ごせるようにしてくれること!

例えば、「冬場にエアコンで、暖房をつけていても部屋中が温まらない」逆に「」夏場は冷房が部屋中に行き渡らず、なかなか涼しくならない」といったお悩みを解決してくれるのがサーキュレーターなのです!

 

 

サーキュレーターの置き方や置き場所

とっても便利で電気代の節約にもなるサーキュレーターですが、効率的に使うには正しい置き場所や置き方が重要になります!

お馴染みの扇風機は”人に風が当たる位置”に置きますが、サーキュレーターは空気が循環する様に置くのがポイント。

また冷房時と暖房時で、使うときの置き方が異なるのでチェックしておきましょう!

【暖房を使うときの置き方】

サーキュレーターで暖房効果をアップさせるには、暖房機器から少し離れたところから暖房機器周辺の上空機に向かって風を送ります。これは冷たい空気を暖房機器周辺に送り出し、暖かい空気を押し出して空気を循環させるため。

ストーブ等も同じで、ストーブの上方の天井付近の暖かい空気が周辺に拡散する様に置くのがポイントです。

【冷房を使うときの置き方】

冷房効果をアップさせるには、冷房機器周辺の床に溜まった冷気を送り出す様にサーキュレーターを設置するのがポイント!

エアコンの冷気はエアコンの下方に溜まっているので、この空気を周辺に拡散させることで空気が入れ替わり循環するからです。