ダイエット中のケーキ選びのポイント!食べる時間帯やタイミングは?

 

ダイエット中でも食べたくなる甘いケーキ♡でも、”ダイエットに甘いものはNGだから!”と我慢していませんか?じつは、そんなケーキが選ぶ種類と食べる時間帯によってはOK!になることをご存知でしたか?

ダイエット中のケーキは選び方が重要!

たくさんの種類があるケーキですが、使われている材料によって大きく3つに分類されます!

バター、生クリームの使用量が多い『脂質系』。小麦粉、砂糖などが多めの『炭水化物系』。卵、牛乳などが多い『タンパク質系』。この3種類です。

どのグループに当てはまるかによってカロリーにも大きな差が……。

①脂質多めケーキ
ミルフィーユなどのパイ生地系・チョコレートケーキ・ショートケーキ・ババロアやムース。
パイを作るときにはバターがたーっぷり使われているし、ショートケーキには生クリームがたくさん。ババロアやムースは一見シンプルでカロリーが低そうですが、実は生クリームの使用量が多いんです!これらは1つあたり400kcal以上になるものが多くて、ケーキの中でも特にカロリーが高いです!

②炭水化物メインのケーキ
ケーキって実は炭水化物メインのものはあまり多くないんです。けれど、ホットケーキはその1つ。小麦粉など粉類が多く使われているので炭水化物系に当てはまります。さらに最近では生クリームがこれでもかってくらいトッピングされているものがありますよね??それだけでとっても危険なケーキになってしまっているので、食べるときは要注意です!

③たんぱく質が多いケーキ
プリンや中身がカスタードのシュークリーム。シフォンケーキやクレープなどは卵や牛乳がメインになるので、比較的カロリーが控えめ♡1つあたり200kcal前後なので、ダイエット中にも安心できるケーキです♡

引用 ダイエッター必見!罪悪感なく食べられるケーキの選び方って?

 

このように、ケーキの種類によってカロリーに大きな違いが!ですので、ダイエット中にはカロリーが控えめな、『たんぱく質が多いケーキ』がおすすめです♡

 

ダイエット中のケーキ!これなら安心

ではダイエット中でも安心な、カロリー控えめのケーキをご紹介♡

①シフォンケーキ
あのふわふわのボリュームは卵白を泡立てることでできています☆生地自体にバターや生クリームは使われていなくて、代わりに卵がメインに使われています。卵は栄養面からも魅力的な食材なのでこれは安心ケーキです♡大きめサイズのシフォンケーキに、生クリームを少しつけて食べても300kcalくらい♡

②シュークリーム
卵や牛乳、小麦粉が使われていて、ケーキの中ではカロリー控えめ♡中に生クリームたっぷりなのはダイエット中は避けましょう!

③プリン
なめらか系のプリンだと生クリームの使用量が増えてしまうので、固めのプリンのほうがおすすめです!しかし、なめらか系でもケーキの中ではカロリー控えめ♡

④チーズケーキ
濃厚なニューヨークチーズケーキはNG。軽めのものや、スフレ系がおすすめです!チーズケーキは砂糖が少なめなのと、デコレーションしないから、その分カロリーが低くなっていて安心です♡

⑤ロールケーキ
生クリームをたっぷり巻き込んでいるのもありますが、実はカロリー控えめなんです!できるだけフルーツがたくさん使われていて、生クリーム控えめのものを選ぶとさらにGOODです♡

引用 ダイエッター必見!罪悪感なく食べられるケーキの選び方って?

 

また、ケーキにトッピングやデコレーションがされている場合は、食物繊維の多い食材【くるみ、アーモンド、ピスタチオ、豆類、かぼちゃ、さつまいも、ドライフルーツ、ブルーベリー、いちじく】などが使われているものをチョイスするとGOOD!

 

ダイエット中にケーキを食べる時間帯は?

選び方の次に大切なのは、「食べる時間」。14時~18時くらいの間に食べるのが最も太りにくいんです!1日の間で1番体温が高い時間帯で、エネルギー消費しやすい時間帯なのです。

夕食後や夜遅くに食べると、活動量が少ないこともあり、余分なカロリーは体脂肪として蓄積されてしまいます……。さらに、深夜のほうが体脂肪を合成するホルモンが多く出るそうなので、ケーキはできるだけおやつの時間に!

引用 ダイエッター必見!罪悪感なく食べられるケーキの選び方って?

 

ダイエットにはNGだと思い込んでいたケーキも、選ぶ種類と食べる時間帯によってはOK!に♡ポイントを押さえておけば、ダイエット中でもみんなと一緒にケーキを楽しめちゃいますよ♡