ダイエットで有酸素運動をするなら週に何回がベスト?毎日がいい?

 

忙しい毎日!ダイエットのために有酸素運動はしたいけれど、1回にどのくらいの時間を費やせばいいのでしょう?また、有酸素運動は毎日行った方がいいのでしょうか?

ダイエットに有酸素運動が向いている理由

そもそもなぜ、有酸素運動はダイエットに向いているのでしょう?

有酸素運動とは、水泳やウォーキング、ジョギングなど継続的に軽度から中度の負荷を身体にかける運動のことであり、酸素を使って体内の脂肪を燃焼させることからそう呼ばれている。脂肪を減らすだけでなく、心肺機能の強化や高血圧の改善などさまざまな好ましい効果があるとされている。

引用 有酸素運動を毎日するのはNG?その理由と適切な頻度、方法を解説

 

運動をするとエネルギーが必要となるのですが、それは主に糖質と脂肪から得られるものです。脂肪を燃焼させるためには酸素が必要となるため、運動をしていると呼吸が激しくなるのです。

有酸素運動は運動の中でも酸素の消費の激しいもののことであり、脂肪をどんどん燃焼させる効果が期待できます。

引用 有酸素運動の時間は1日どれくらい?効果的な有酸素運動のやり方

 

ウォーキングやジョギング、サイクリングなど、季節を感じながら行える有酸素運動は幅広い年齢の方に人気です!そんな人気の有酸素運動ですが、週に何回行うのがベストなのでしょう?

 

有酸素運動は毎日が効果的なの?

有酸素運動は脂肪を燃焼しやすく、ダイエットに適しているといわれてますが、やはり毎日行った方がいいのでしょうか?

減量や健康促進のために水泳やウォーキングなどの有酸素運動を毎日行う人も多いが、有酸素運動は毎日行わないほうがよいといわれているようだ。その主な理由として、筋肉の疲労が挙げられている。筋肉は運動で疲労してから完全に回復するまでに、およそ48時間から72時間かかるといわれている。筋肉に疲労が残った状態で運動をすると、ケガをしたり筋肉を痛めたりする恐れが高くなるだけでなく、運動の効率も悪化する傾向がある。

また、有酸素運動を毎日続けると体が負荷に慣れるので、同じ運動を続けても脂肪燃焼の効果がさがってしまう。つまり、同じ有酸素運動を毎日続けると、はじめのうちは減量できたとしても痩せ続けることは難しいのだ。むしろ毎日運動すると体はエネルギー源として脂肪をため込もうとするため、かえって太りやすくなることもあるという。

引用 有酸素運動を毎日するのはNG?その理由と適切な頻度、方法を解説

 

有酸素運動はさまざまな理由から、”毎日行わないほうがよい”と言われています。ダイエット効果をアップさせるために、つい毎日行いたくなってしまいがちですが、筋肉の疲労を回復させて運動の効率をあげるためにも、毎日は避けた方が良さそうですね♡

 

有酸素運動は週に何回がベストなの?

有酸素運動は毎日行わずに、一回に30分程度の時間で行うとよいとされています。では、週に何回くらいの頻度がおすすめなのでしょう?

筋肉は運動をして疲れてしまうと、そこから疲労が回復するまでに48時間から72時間必要とされています。

しっかりと疲労を回復してから運動をしないとケガをするリスクが高くなるだけでなく、運動の効率も悪くなってしまいます。

そのため、有酸素運動をするならば、2日から3日に1回程度のペースが良いとされているのです。

引用 有酸素運動を毎日するのはNG?有酸素運動の特徴からみる理由とは

 

また、有酸素運動を行い続ける時間にも注目したい。軽度の運動であっても、長く続けると乳酸が蓄積して筋肉が疲労してしまうからだ。有酸素運動は20分ほど続けると脂肪燃焼の効果が高まるといわれているので、1回あたりの運動の時間は20~30分程度にとどめておくとよいだろう。

有酸素運動を連続して行うのではなく、何度かに分けて行うのもおすすめだ。例えば、1日のうちに10分の運動を3回行ったとしても、脂肪燃焼効果は持続するといわれている。まとまった時間がとれない、有酸素運動を長く続ける体力がないという方は、ぜひ数回に分けて試してみてほしい。

引用 有酸素運動を毎日するのはNG?その理由と適切な頻度、方法を解説

 

いくらダイエットを頑張りたいからといって、やみくもに有酸素運動を行っても思うような結果を残せない可能性も!有酸素運動は1日おき、または2日おきに20~30分の時間を目安に行うのがベストなので注意しましょうね♡