猫が好きな【猫草】って効果あるの?正しい与え方は?

猫好きの女子!また、猫好きではない女子のみなさん!猫が”草”を食べている姿を見たことはありますか?ホームセンターやペットショップでも見かけることの多い、”猫が食べる草”には名前があって『猫草』と呼ばれているんです♡でもなぜ、猫は草を食べるのでしょう?

猫草って、どんな草の種類?

そもそも『猫草』という草があるのでしょうか?実は、猫草とは猫が好んで食べる”イネ科の若い草の総称”で、特定の草のことを指しているわけではないのです。

『猫草』とはイネ科の植物である、エン麦、小麦、大麦、燕麦(オーツ・カラスムギ)、レモングラスなどのことで、さらには雑草のエノコログサやメヒシバも『猫草』と呼ばれているそうです

 

猫草ってどんな効果があるの?

猫が草を食べる理由は明らかになっておらず、詳しいことは解明されていないのですが、一般的には下記のような効果があるとされています!

1・毛玉を吐かせる効果

毛づくろいで飲み込んでしまった自分の毛を吐き出すために、猫草を食べるのでは?と言われています。

2・毛玉を排泄させる効果

猫草を食べることで食物繊維を摂り、毛玉を排泄しやすくするためでは?と言われています。

3・嗜好品としての効果

単純に、猫草の食感が好きで食べているのでは?とも言われています。そのため猫の中には、猫草を好まない猫もいるそうで、猫なら必ず猫草を食べる!というわけではないようです。

 

猫草の与え方で注意すること

猫草は猫にとって必ず必要なものではないようですが、いつもは猫草を食べない猫でも、お腹の調子が悪い時には食べるということがあるそうなので、あるに越したことはないとも言えますね♡では、与え方にはどんな注意点があるのでしょう?

1・子猫には与えない

1才未満の子猫に与えるのはNG!消化不良を起こしてしまい、下痢や嘔吐の原因になる可能性が!

2・イネ科の若草以外は与えない

猫に与えられるのは、イネ科の“若草”のみなので要注意!理由は、イネ科の植物は成長すると硬くなってしまい、食べると内臓を傷つける心配があるからです。また、路上に生息している草もNG!伝染病や除草剤、農薬の不安もがあるので与えないようにしましょうね♡

3・1日に数本程度しか与えない

1日に与える量にも注意が必要です!一度に猫草を大量に食べると、嘔吐を引き起こし体調不良の原因に。ですので、与える量は1日数本程度にしましょうね♡

また、胃腸が弱っている猫に猫草を与えると、胃に負担をかける恐れがあるので、調子が万全でないときは与えるのを控えた方がいいでしょう。