海開き2019!関東はいつ頃から?海水浴はいつまでできる?

夏のお楽しみの1つ、海水浴!夏休みに家族やお友達と、海に遊びにいく方も多いと思います。すでに海開きをいる都道府県もあるようですが、関東地方の海開きはいつ頃なのでしょう?

そもそも海開きとは?

”海開き”という言葉を口にはするものの、その意味を考えたことがなかったので今回調べてみました!

海開きとは、海水浴場をその年に初めて開くこと、またはそのための行事(イベント)を行うことです。(海開きの初日には、海水浴シーズン中の安全祈願の神事が行われることもあるそうです。)

さらにそれ以前に、安全に海開きを迎えるにあたっての準備も行われるのです。

【水質調査・ゴミの除去・海の家など施設の開設・更衣室、シャワー、トイレなど付帯設備の開設・オイルフェンスの準備設置・安全ネット(サメ防護、クラゲ防止など)の準備設置・遊泳エリアの設定とブイの設置・監視員、ライフセーバーの手配】など

このような設備や施設が整った後、天候や気温が一定になったタイミングを見計らって、海開きの日程が決まるそうです!

関東地方の海開き!目安はいつ頃?

関東地方の海開きですが、例年だと6月下旬~7月下旬が多いようです。2019年も例年通りであれば、6月下旬~7月中旬の間に海開きが行われることになりますね。

ですが、海開きの日程は各地方や県ごとに決まっているわけではなく、各海水浴場ごとに海開きが設定されているそうなので、海開きの時期というものには関東地方の中でも、ばらつきがあるのです!

【関東地方の海開きの目安】

神奈川県 6月下旬~7月上旬(6月29日が最多)
千葉県 7月上旬~7月下旬(7月14日が最多)
茨城県 6月下旬~7月下旬(7月後半が最多)

 

 

海水浴はいつまでできるの?

これは関東地方に限らずですが、全国的に海水浴が終了するのは8月末となっています。
ちなみに関西地方は大体が8月末で終了。関東地方の場合でも、8月の最後の週で海水浴が終了となっているそうです!これから海水浴の計画を立てている方は、参考になさってくださいね。

 

海水浴と言えば水着!!

 

海水浴と言えば水着を着ますよね。ムダ毛の処理は完了していますか?可愛い水着を買ったのにムダ毛が気になって結局ラッシュガードを着てしまったり、ショートパンツを履いちゃう!なんてもったいないです!

みなさんは脱毛の処理はどのように行なっていますか。この季節になると徐々にムダ毛が気になって、脱毛サロンでキレイな肌になりたいという人も多いのではないでしょうか。最近は脱毛サロンが増えて誰もが通いやすくなっていますよね。

そんな中で話題なのが「ハイパースキン脱毛」です。
「光脱毛は聞いたことがあるけど、ハイパースキン脱毛は何が違うんだろう」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

今回は脱毛サロンに通うことを検討している人に向けて、ハイパースキン脱毛とは何か、その仕組み、メリット、デメリットを解説します。

出典:モテ肌

最近では光脱毛を行っているサロンがとても増えています。競争率も上がっているので安い値段で高い効果を得る事が出来るようになってきましたよね。以前のように「痛み」も少なく、気軽に行けるのでこの夏、紀伊なっている方は脱毛を体験してみましょう♪